数値解析と制御のためのScilab入門

数値解析と制御のためのScilab入門では、行列、微分方程式、制御などの基礎的な計算を紹介しています。また、計算結果をScilabを用いたグラフィック表示による可視化について紹介しています。

*

行列に関係演算子を用いた計算とは|scilab入門

   

行列と関係演算子

行列の要素ごとに関係演算子を適用して無ることにします。

次のような記号を関係演算子といいます。

 >=:より大きか等しい(以上)
 >:より大きい
 =<:より小さいか等しい(以下)  <:より小さい  ==:等しい  ~=ひとしくない 行列の成分についても関係演算子を適用することができます。

SPONSORED LINK

(1) 行列の要素が等しい場合:Cequal

行列の要素が等しい場合に真として ” T ”を返し、偽の場合にはfaluseとして “ F ”を返します。

A=[ 3 1 5 2 7 ]
B=[ 3 2 5 4 1 ]
Cequal=(A==B)
->A=[ 3 1 5 2 7 ]
A =
3. 1. 5. 2. 7.

–>B=[ 3 2 5 4 1 ]
B =
3. 2. 5. 4. 1.

–>Cequal=(A==B)
Cequal =
T F T F F
行列の要素が等しい場合はTが、等しくない場合はFが表示されます。

関係演算子 等しい

(2) 行列の要素が等しくない場合:Cnotequal

A=[ 3 1 5 2 7 ]
B=[ 3 2 5 4 1 ]
Cnotequal=(A ~= B)
–>A=[ 3 1 5 2 7 ]
A =
3. 1. 5. 2. 7.

–>B=[ 3 2 5 4 1 ]
B =
3. 2. 5. 4. 1.

–>Cnotequal=(A ~= B)
Cnotequal = 
F T F T T
 行列の要素が等しい場合はF、等しくない場合はTが表示されます。

関係演算子 要素が等しくない

(3) Aの要素がBの要素より小さい:Csmall

A=[ 3 1 5 2 7 ]
B=[ 3 2 5 4 1 ]
Csmall=(AA=[ 3 1 5 2 7 ]
A =
3. 1. 5. 2. 7.
–>B=[ 3 2 5 4 1 ]
B =
3. 2. 5. 4. 1.

–>Csmall=(A< B) Csmall = F T F T F 行列の要素が大きい場合はT、小さい要素はFが表示されます。 関係演算子 より小さい

(4) A要素がBの要素以下の場合:Csmallequal

A=[ 3 1 5 2 7 ]
B=[ 3 2 5 4 1 ]
Csmallequal=(A<= B) -->A=[ 3 1 5 2 7 ]
A =
3. 1. 5. 2. 7.

–>B=[ 3 2 5 4 1 ]
B =
3. 2. 5. 4. 1.

–>Csmallequal=(A<= B) Csmallequal = T T T T F 行列Aの要素がBの要素以下の場合には“T”が表示さ、そうでないならば“F”が表示されます。 関係演算子 以下

(5) A要素がBの要素より大きい場合:Clarge

A要素がBの要素より大きい場合“T”

A=[ 3 1 5 2 7 ]
B=[ 3 2 5 4 1 ]
Clarge=(A> B)

–>A=[ 3 1 5 2 7 ]
A =
3. 1. 5. 2. 7.
–>B=[ 3 2 5 4 1 ]
B =
3. 2. 5. 4. 1.
–>Clarge=(A> B)
Clarge =
F F F F T

行列Aの要素が行列Bの要素より大きい場合“T”が表示、そうでないならば“F”が表示されます。

関係演算子 より大きい

(6) A要素がBの要素以上の場合:Clargeequal

A=[ 3 1 5 2 7 ]
B=[ 3 2 5 4 1 ]
Clargeequal=(A>= B)
–>A=[ 3 1 5 2 7 ]
A =
3. 1. 5. 2. 7.

–>B=[ 3 2 5 4 1 ]
B =
3. 2. 5. 4. 1.

–>Clargeequal=(A>= B)
Clargeequal =
T F T F T

行列Aの要素が行列Bの要素以上の場合には“T”が表示され、そうでないならば“F”が表示されます。

関係演算子 以上


 - 演算記号, 行列計算, 関係演算子 , , , , , ,

        

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

  関連記事

2次元プロットにグリッドを追加
2次元プロットにグリッドを追加:xgrid|グラフィック

グラフのデータを比較したいとか、見やすくしたい場合には、グリッドを入れて表示させ …

行列
行列の対角要素を取り出す diag|scilab入門

  行列の対角要素を取り出す場合には、diagを用います。 行列の対角要素や角線 …

行列の計算
行列の差の計算

行列の引き算についてです。 2つの行列の和について考えします。例として3行3列の …

グラフィック・ウインドウに
複数の色を用いてグラフを描く plot2d

ヒトツノウインドウにラインの色を変化させて、数個のグラフを重ねて表示することにし …

LU分解法
LU分解法で方程式を解く

方程式を LU分解法 (decomposition) で解くことにします。 元連 …

行列
行列 3行3列の表示 |scilab入門

行列 Bが3行3列の場合  行列 が であるとします。これをscilabで表す場 …

連立方程式
連立一次方程式を解いてみる|scilab入門

逆行列 inv と (¥)を用いて、簡単なの連立一次方程式を解いてみました。 次 …

whileと ifによる分岐
whileによる繰り返し処理

繰り返し処理 for の他に、whileを使用した繰り返し処理の計算方法がありま …

コレスキー分解
行列をコレスキー分解をする|scilab入門

正定値対称行列を持つ連立一次方程式 Ax=b の場合にガウスの消去法の他にコレス …

行列
行列演算の基礎計算 |scilab入門

行列演算はScilabの基本となっています。行列を用いることにより数式レベルで扱 …