数値解析と制御のためのScilab入門

数値解析と制御のためのScilab入門では、行列、微分方程式、制御などの基礎的な計算を紹介しています。また、計算結果をScilabを用いたグラフィック表示による可視化について紹介しています。

*

多項式が有利式の場合の計算

   

フリーのシュミレーションソフトscilabを用いて色々な計算ができます。
常にバージョンアップがなされソフトが進化しています。


多項式が有理式の場合についてす。


多項式が有理式の場合の計算には、numer,denom を使用します。また、多項式 poly を用いて、有利式の計算や簡単化、微分などもできます。


有理式を扱う場合には のように表せます。分子を求める場合にはnumerを、分母を求める場合にはdenomを用います。

SPONSORED LINK

計算例

 例として、多項式の分子の根が1,2の場合の有理式を求めることにします。
次のようなプログラムを実行すると得られます。

1. A=[ 2 3; 4 1];
2. p1=poly( [1 2],’x’);
3. p2=poly(A,’x’);
4. p=p1/p2
5. numer(p)
6. denom(p)

–>p=p1/p2
p =
2
2 – 3x + x
———-
2
– 10 – 3x + x

プログラムの説明

1行目は行列Aの要素を示しています。
2行目は多項式p1を計算します。根がpoly( [1 2],’x’)は、変数がxで根が1,2であることを示しています。
3行目はAの多項式を計算します。poly(A,’x’)は、行列Aの多項式の変数がxであることを示しています。
4行目ではp1/p2で有理式の計算を行っています。
5行目はnumerで有理式の分子を計算しています。
6行目はdenomで有理式の分母を求めています。

表示は、定数項から次元の高い次数へと表示されます。


 - 数値計算

        

  関連記事

関数のオンライン定義deff
関数のオンライン定義 deff を使ってみる!

関数のオンライン定義を用いると、数式だけを呼び出して計算ができます。 関数 fu …

 複数のグラフィック・ウィンドウを開く:scf
複数のグラフィック・ウィンドウを開く scf

グラフを重ね書きをしないで、表示させたい場合に scf を用いるととても便利です …

行列
行列の対角要素を取り出す diag|scilab入門

  行列の対角要素を取り出す場合には、diagを用います。 行列の対角要素や角線 …

LU分解法
LU分解法で方程式を解く

方程式を LU分解法 (decomposition) で解くことにします。 元連 …

行列
行列演算の基礎計算 |scilab入門

行列演算はScilabの基本となっています。行列を用いることにより数式レベルで扱 …

連立方程式
連立一次方程式を解いてみる|scilab入門

逆行列 inv と (¥)を用いて、簡単なの連立一次方程式を解いてみました。 次 …

scilab 絶対値
絶対値の計算 abs|scilab入門

絶対値の計算:abs の計算の紹介です。  5 – 9 の計算は   …

scilab 階乗
階乗 prod|scilab入門

階乗の計算には prod を使用します。 例えば 1から10までの階乗を計算する …

行列の計算
行列の差の計算

行列の引き算についてです。 2つの行列の和について考えします。例として3行3列の …

scilab 5.5.2 バージョンアップ
scilabが5.5.2 にバージョン アップになりました!

scilab は常にバージョンアップされています。 しかも無料です。 ちょっとシ …