数値解析と制御のためのScilab入門

数値解析と制御のためのScilab入門では、行列、微分方程式、制御などの基礎的な計算を紹介しています。また、計算結果をScilabを用いたグラフィック表示による可視化について紹介しています。

*

行列演算の基礎計算 |scilab入門

   

行列演算はScilabの基本となっています。行列を用いることにより数式レベルで扱うことがでるので、アルゴリズムを簡潔に表現できると共に、繰り返し処理などでも簡潔に表現できます。また、行ベクトルの1行 m列や列ベクトルn 行1列は、スカラーとベクトルの区別がないので行列として扱われます。

行列

Aは3行3列(あるいは3 ×3)の行列と呼びます。同様にB は1行3列の行列、C は3行1列の行列と呼ばれる。 のような行列を行行列、 のような行列は列行列と呼びます。scilabでは式(2.2)、(2.3)をベクトル行列と呼んでいますが、全て行列として扱われます。

(1)列行列の扱い
行列 B =( 3 4 5 )をscilabで表す場合、次のように2通りあります。
行列の要素全体を括弧[  ]で囲み、要素間をコンマ( , )で囲むか、要素と要素の間にスペースを入力して
 または 
のように表します。これをscilabで実行すると次のようになります。

①コンマ(,)表示
–>B=[ 3, 4, 5]
B =
3. 4. 5.

② スペース表示
–>B=[ 3 4 5]
B =
3. 4. 5.

行列を表現する場合、要素間にスペースを入力にすると見やすいのでスペースで表すことにします。

計算をすると図のようになります。

行列

色々と数値を変えて計算してみてください。


 - 数値計算, 行列計算

        

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

  関連記事

3次スプライン補間 :splin
3次スプライン補間 splin について!

計測したデータを補間して表示させたい場合には、3次スプライン補間 splinを用 …

scilab 絶対値
絶対値の計算 abs|scilab入門

絶対値の計算:abs の計算の紹介です。  5 – 9 の計算は   …

LU分解法
LU分解法で方程式を解く

方程式を LU分解法 (decomposition) で解くことにします。 元連 …

行列の成分を取り出す tril|scilab入門

行列の成分を取り出す場合には、diag、tril、triuを用います。 ・dia …

行列の計算
行列の和の計算|scilab入門

行列の和の計算についてです。   2つの行列の和について考えます。例として3行3 …

線形システムの定義
多項式による定義 poly

多項式の計算について。 Silabでは多項式と有理式を定義できます。また、有理式 …

no image
逆行列 inv|scilab入門

逆行列は、方程式を解くときに使います。 逆行列 inv を使用して解く場合につい …

scilab パイi
円周率 π を表す|scilab入門

円周率 π を表す場合には、パーセントの後にpiとし  %pi のように表記しま …

行列
行列の対角要素を取り出す diag|scilab入門

  行列の対角要素を取り出す場合には、diagを用います。 行列の対角要素や角線 …

ifによる分岐と関係演算子・論理演算子
ifによる分岐と関係演算子・論理演算子

繰り返し処理に if による分岐と関係演算子・論理演算子 を用いることにします。 …