数値解析と制御のためのScilab入門

数値解析と制御のためのScilab入門では、行列、微分方程式、制御などの基礎的な計算を紹介しています。また、計算結果をScilabを用いたグラフィック表示による可視化について紹介しています。

*

複素行列の作り方|scilab入門

   

複素行列の作り方についてです。

複素数とは

 a + bi

ここで a,b を定数、i は複素記号です。
scilabでは複素数を

 a + b*%i

と表します。ここで、%iは複素数を表します。

合列の場合も同様な方法で表します。

行列 A , B を基にして A + Bi という行列を作成する場合には、次のようにすると得られます。

SPONSORED LINK

複素行列の計算1

例として次のような行列を、計算してみます

1. A=[ 1 3 2;2 5 8; 3 9 7];
2. B=[5 12 12; 2 2 2; 3 3 3];
3. X=A+ B*%i
->A=[ 1 3 2;2 5 8; 3 9 7];
–> B=[5 12 12; 2 2 2; 3 3 3];

–> X=A+ B*%i
X =
1. + 5.i 3. + 12.i 2. + 12.i
2. + 2.i 5. + 2.i 8. + 2.i
3. + 3.i 9. + 3.i 7. + 3.i

計算をすると図のようになります。

複素行列

複素行列の足し算

複素行列の足し算は、次のようになります。
Aは実数行列で Bを複素数の部分として計算をします。

A=[ 1 3 2;2 5 8; 3 9 7];
B=[5 12 12; 2 2 2; 3 3 3];
C=[3 4 5; 6 7 8; 9 1 2];
X = A+ B*%i + C*%i

の場合には、複素行列の部分と成分同士の足し算となります。

–>A=[ 1 3 2;2 5 8; 3 9 7];

–>B=[5 12 12; 2 2 2; 3 3 3];

–>C=[3 4 5; 6 7 8; 9 1 2];

–>X=A + B*%i + C*%i
X =

1. + 8.i 3. + 16.i 2. + 17.i
2. + 8.i 5. + 9.i 8. + 10.i
3. + 12.i 9. + 4.i 7. + 5.i

 となります。計算結果は図のようになります。

複素行列の足算


 - 数値計算 ,

        

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

  関連記事

連立方程式
連立一次方程式を解いてみる|scilab入門

逆行列 inv と (¥)を用いて、簡単なの連立一次方程式を解いてみました。 次 …

ifによる分岐と関係演算子・論理演算子
ifによる分岐と関係演算子・論理演算子

繰り返し処理に if による分岐と関係演算子・論理演算子 を用いることにします。 …

scilab べき乗
べき乗 ^|scilab入門

べき乗の計算には ( ^ )を使います。 2の8乗についての計算は次のようになり …

3次スプライン補間 :splin
3次スプライン補間 splin について!

計測したデータを補間して表示させたい場合には、3次スプライン補間 splinを用 …

行列の成分を取り出す tril|scilab入門

行列の成分を取り出す場合には、diag、tril、triuを用います。 ・dia …

線形システムの定義
多項式を用いた線形システムの定義 syslin

多項式による伝達関数や線形すステムの定義は、syslinを用いて定義できます。 …

2次元プロットにグリッドを追加
2次元プロットにグリッドを追加:xgrid|グラフィック

グラフのデータを比較したいとか、見やすくしたい場合には、グリッドを入れて表示させ …

scilab 絶対値
絶対値の計算 abs|scilab入門

絶対値の計算:abs の計算の紹介です。  5 – 9 の計算は   …

転置行列
転置行列の表示 |scilab

転置行列の表示について 行列 Bの転置行列は、B にt を付けて表します。行の要 …

関数のオンライン定義deff
関数のオンライン定義 deff を使ってみる!

関数のオンライン定義を用いると、数式だけを呼び出して計算ができます。 関数 fu …