数値解析と制御のためのScilab入門

数値解析と制御のためのScilab入門では、行列、微分方程式、制御などの基礎的な計算を紹介しています。また、計算結果をScilabを用いたグラフィック表示による可視化について紹介しています。

*

2次元プロットにグリッドを追加:xgrid|グラフィック

   

グラフのデータを比較したいとか、見やすくしたい場合には、グリッドを入れて表示させると見やすくなります。

2次元プロットにグリッドを追加するには

 xgrid([style])

を用います。styleの部分にカラー記号を指定して用います。

SPONSORED LINK

例えば、青の線にする場合には、styleを2とすると青のグリッドが表示され、省略するとデフォルトの色が指定されます。次のようなプログラムを実行すると図を描くことができます。

1. clf();
2. x=[0:%pi/100:2*%pi]’;
3. y1=sin(x);
4. y2=cos(x);
5. xgrid(2)
6. plot2d(x,[y1 y2]);

5行目のようにxgrid(2)とすると、青のグリットが追加され、図のようになります。
6行目ではxを基にしてy1,y2のグラフを描きます。

SciNotesを開きプログラを記載すると、図のようになります。

2次元プロットにグリッドを追加

このように記載したならば、メニュー画面で実行をクリックすると
「ファイル実行(出力あり)」
をクリックします。実行するとscilabの画面が図のようになります。

2次元プロットにグリッドを追加

sin、cos のグラフが表示されます。
グリッドが表示されメモリーを見ながら比較がしやすくなります。

2次元プロットにグリッドを追加

グラフにグリッドを付けて見たい場合や、不要な場合もありなので、時と場合によって使い分けると良いかと思います。


 - グラフィック, 数値計算, 組込み関数, 行列計算

        

  関連記事

線形システムの定義
多項式を用いた線形システムの定義 syslin

多項式による伝達関数や線形すステムの定義は、syslinを用いて定義できます。 …

一つのグラフィックウインドウに複数のグラフを描くsubplot
一つのグラフィックウインドウに複数のグラフを描くsubplot

一つのグラフィックウインドウに複数の裏婦を描き活用したい場合にとても便利なコマン …

行列の計算
行列の和の計算|scilab入門

行列の和の計算についてです。   2つの行列の和について考えます。例として3行3 …

グラフに文字列を描画:xstring
グラフに文字列を描画 xstring

グラフに項目たタイトルの文字列を描画して見やすくする方法があります。 描画するグ …

LU分解法
LU分解法で方程式を解く

方程式を LU分解法 (decomposition) で解くことにします。 元連 …

コレスキー分解
行列をコレスキー分解をする|scilab入門

正定値対称行列を持つ連立一次方程式 Ax=b の場合にガウスの消去法の他にコレス …

 複数のグラフィック・ウィンドウを開く:scf
複数のグラフィック・ウィンドウを開く scf

グラフを重ね書きをしないで、表示させたい場合に scf を用いるととても便利です …

行列
行列演算の基礎計算 |scilab入門

行列演算はScilabの基本となっています。行列を用いることにより数式レベルで扱 …

scilab 絶対値
絶対値の計算 abs|scilab入門

絶対値の計算:abs の計算の紹介です。  5 – 9 の計算は   …

転置行列
転置行列の表示 |scilab

転置行列の表示について 行列 Bの転置行列は、B にt を付けて表します。行の要 …