数値解析と制御のためのScilab入門

数値解析と制御のためのScilab入門では、行列、微分方程式、制御などの基礎的な計算を紹介しています。また、計算結果をScilabを用いたグラフィック表示による可視化について紹介しています。

*

ifによる分岐と関係演算子・論理演算子

   

繰り返し処理に if による分岐と関係演算子・論理演算子 を用いることにします。

if 命令は論理式を評価し,その値が真の時に 一連の命令を実行します。一般的には

if  条件式 then
命令1
else
命令2
end

のようになります。条件式は関係演算子や論理演算子を組み立てて使用します。表5.1は関係演算子を示したものです。また、表5.2は論理演算子を示したものです。

SPONSORED LINK

表1 関係演算子
 >  より大きい
 >=  以上
 ==  等しい
 <  より小さい  <=  以下  ~=  等しくない 表2 論理演算子  &  論理積  |  論理和  ~  否定

ifによる分岐と関係演算子

例として,1から20の和が55より大きくなったら、ループから抜け出して終了するものとします。ループから抜け出す場合にはbreakを使用し、ifの終わりを示すendには“,”を付けておくとforの終わりのendと区別をつけやすので “end,“としてあります。

s=0;
s=0;
for i=1:20;
s=s+i;
if s > 55 then
break;
end,
end
s

sの和が55より大きくなったらループから抜け出して終了する。

SciNotesに下記のように記述して実行すると
ifによる分岐と関係演算子・論理演算子

sの和が66になると終了となります。


 - 数値計算

        

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

  関連記事

2次元プロットにグリッドを追加
2次元プロットにグリッドを追加:xgrid|グラフィック

グラフのデータを比較したいとか、見やすくしたい場合には、グリッドを入れて表示させ …

3次スプライン補間 :splin
3次スプライン補間 splin について!

計測したデータを補間して表示させたい場合には、3次スプライン補間 splinを用 …

関数のオンライン定義deff
関数のオンライン定義 deff を使ってみる!

関数のオンライン定義を用いると、数式だけを呼び出して計算ができます。 関数 fu …

scilab 階乗
階乗 prod|scilab入門

階乗の計算には prod を使用します。 例えば 1から10までの階乗を計算する …

scilab べき乗
べき乗 ^|scilab入門

べき乗の計算には ( ^ )を使います。 2の8乗についての計算は次のようになり …

 複数のグラフィック・ウィンドウを開く:scf
複数のグラフィック・ウィンドウを開く scf

グラフを重ね書きをしないで、表示させたい場合に scf を用いるととても便利です …

連立方程式
連立一次方程式を解いてみる|scilab入門

逆行列 inv と (¥)を用いて、簡単なの連立一次方程式を解いてみました。 次 …

LU分解法
LU分解法で方程式を解く

方程式を LU分解法 (decomposition) で解くことにします。 元連 …

行列
行列演算の基礎計算 |scilab入門

行列演算はScilabの基本となっています。行列を用いることにより数式レベルで扱 …

複素行列の足算
複素行列の作り方|scilab入門

複素行列の作り方についてです。 複素数とは  a + bi 、 ここで a,b …