数値解析と制御のためのScilab入門

数値解析と制御のためのScilab入門では、行列、微分方程式、制御などの基礎的な計算を紹介しています。また、計算結果をScilabを用いたグラフィック表示による可視化について紹介しています。

*

複数の色を用いてグラフを描く plot2d

   

ヒトツノウインドウにラインの色を変化させて、数個のグラフを重ねて表示することにします。

グラフィック・ウインドウに複数の色を用いてグラフを描く場合には、それぞれの色を指定します。次のプログラムを実行して図を描くことにします。

SPONSORED LINK

1. clf();
2. x=0:0.01:2*%pi;
3. y1=cos(x); plot2d(x,y1,1);
4. y2=sin(x); plot2d(x,y2,2);
5. y3=2*cos(x); plot2d(x,y3,3);
6. y4=2*sin(x); plot2d(x,y4,4);
7. y5=3*cos(x); plot2d(x,y5,5);
8. y6=3*sin(x); plot2d(x,y6,6);
9. y7=4*cos(x); plot2d(x,y7,7);

3行目のy1でcos(x)を計算した後、plot2d(x,y1,1)でグラフを描画します。plot2dのy1の後の1は線の色で黒線となります。

4行目は青、5行目は緑、6行目は水色、7行目は赤、8行目は紫、9行目は黄となります。4~9行においてそれぞれの色でグラフが同一グラフィック・ウインドウに図のように描画されます。

SciNotesにプログラムを記載して、実行することが前提です。記載すると図のようになります。

複数の色を用いてグラフを描く

プログラムを実行すると図のようになります。エディターに慣れておくと、プログラムを作成する場合効率よくディバックできます。

複数の色を用いてグラフを描く

図のようなグラフが表示されるとOKです。

グラフィック・ウインドウに

グラフの線の色を指定する場合には、色記号を用います。plot2d(x,y,“色記号”)の色記号の部分に、任意の色を指定すると希望の色で描画できます。

plot2dのカラー記号

色記号 色
1     黒
2     青
3     緑
4     水色
5     赤
6     紫
7     黄
8     白
9     紺

一つのウィンドウに多くのグラフを表示する場合には、色などで識別すると見やすくなりますので、こ好んで使用するといいです。


 - グラフィック, 演算記号

        

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

  関連記事

行列
行列 3行3列の表示 |scilab入門

行列 Bが3行3列の場合  行列 が であるとします。これをscilabで表す場 …

カラーマップ:jetcolormap
3次元曲面をカラープロット surf で表示する

3次元グラフィックスを表示する場合に surf を使用します。また、プロットした …

3次元グラフィックス meshgridとmesh

表示する場合には組み込み関数eshgrid, mesh をついで使用します。 そ …

sinのグラフ
scilabのエディター SciNoteの使用

プログラムの作成に「SciNoteを起動」を使用するととても便利です。プログラム …

scilab 切り上げ
小数点以下切り上げ ceil | scilab入門

小数点以下切り上げる場合には、ceil を満ちいます。 例えば  0.5 の場合 …

グラフに文字列を描画:xstring
グラフに文字列を描画 xstring

グラフに項目たタイトルの文字列を描画して見やすくする方法があります。 描画するグ …

行列と関係演算子
行列に関係演算子を用いた計算とは|scilab入門

行列の要素ごとに関係演算子を適用して無ることにします。 次のような記号を関係演算 …

2次元プロットにグリッドを追加
2次元プロットにグリッドを追加:xgrid|グラフィック

グラフのデータを比較したいとか、見やすくしたい場合には、グリッドを入れて表示させ …

高速フーリエー変換 FFT
高速フーリエ変換 FFTの計算

高速フーリエ変換 FFT の計算を行ってみます。  フーリエ変換は雑音を含んだ …

 複数のグラフィック・ウィンドウを開く:scf
複数のグラフィック・ウィンドウを開く scf

グラフを重ね書きをしないで、表示させたい場合に scf を用いるととても便利です …