数値解析と制御のためのScilab入門

数値解析と制御のためのScilab入門では、行列、微分方程式、制御などの基礎的な計算を紹介しています。また、計算結果をScilabを用いたグラフィック表示による可視化について紹介しています。

*

複数のグラフィック・ウィンドウを開く scf

   

グラフを重ね書きをしないで、表示させたい場合に scf を用いるととても便利です。

複数のグラフィック・ウィンドウを開くには、scfを用いると複数のウインドウを開くことができます。開いたグラフィック・ウィンドウにはヘッダ番号が自動的に付きます。次のプログラムを実行して図を描くことにします。

1. clf();
2. x=[0:%pi/100:4*%pi]’;
3. y1=sin(x); y2=cos(x);
4. scf(); plot2d(x,[y1 y2]);
5. y3=0.5*sin(x); y4=cos(x);
6. scf(); plot2d(x,[y3 y4]);



1行目は、グラフィックウインドウにごラフが表示されている場合に、消去します。
2行目は0 から 刻みが3.14/100 で 4π まで描く範囲を、配列で指定します。
3行目でy1、y2を計算します。
4行目のscfで、3行目で計算したy1、y2をグラフィック・ウインドウ1に表示します。図(a)のように描画されます。
5行目でy3、y4を計算します。
6行目のscfで、5行目で計算したy3、y4をグラフィック・ウインドウ2に表示します。図(b)のように描画されます。

 複数のグラフィック・ウィンドウを開く:scf


 - グラフィック, 数値計算

        

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

  関連記事

scilab 5.5.2 バージョンアップ
scilabが5.5.2 にバージョン アップになりました!

scilab は常にバージョンアップされています。 しかも無料です。 ちょっとシ …

高速フーリエー変換 FFT
高速フーリエ変換 FFTの計算

高速フーリエ変換 FFT の計算を行ってみます。  フーリエ変換は雑音を含んだ …

行列の成分を取り出す tril|scilab入門

行列の成分を取り出す場合には、diag、tril、triuを用います。 ・dia …

一つのグラフィックウインドウに複数のグラフを描くsubplot
一つのグラフィックウインドウに複数のグラフを描くsubplot

一つのグラフィックウインドウに複数の裏婦を描き活用したい場合にとても便利なコマン …

多項式
多項式が有利式の場合の計算

フリーのシュミレーションソフトscilabを用いて色々な計算ができます。 常にバ …

線形システムの定義
多項式を用いた線形システムの定義 syslin

多項式による伝達関数や線形すステムの定義は、syslinを用いて定義できます。 …

scilab 階乗
階乗 prod|scilab入門

階乗の計算には prod を使用します。 例えば 1から10までの階乗を計算する …

sinのグラフ
scilabのエディター SciNoteの使用

プログラムの作成に「SciNoteを起動」を使用するととても便利です。プログラム …

ポリゴンを塗りつぶす
ポリゴンを任意の色で塗りつぶす xfpoly

ポリゴンを塗りつぶしたい場合があるかと思いっます。 塗りつぶす命令として xfp …

2次元プロットにグリッドを追加
2次元プロットにグリッドを追加:xgrid|グラフィック

グラフのデータを比較したいとか、見やすくしたい場合には、グリッドを入れて表示させ …