数値解析と制御のためのScilab入門

数値解析と制御のためのScilab入門では、行列、微分方程式、制御などの基礎的な計算を紹介しています。また、計算結果をScilabを用いたグラフィック表示による可視化について紹介しています。

*

文字を用いた引き算

   

文字を用いた、引き算の計算についてです。
例えば

a = 8
b = 5

c = a – b

の計算です。入力する場合には。
数図などは全て半角での入力となりますので気をつけてください。
宮するするために、文字と文字の間にスペースを入力しています。

まず最初に
 a = 8

と入力し、enter を押します。次に

b = 5

と入力し、enter を押します。次に
c = a – b

と入力し、enter を押すと、図のようになります。

scilab 変数による引き算

これを1行で計算するには

a = 8 ; b = 5 ; c = a – b

と入力します。最後のに(;)をつけいいないのは計算結果を表示するためです。

scilab変数の引き算

簡単ですが、色々と計算してみてください。
まずは、使い方に慣れることです。


 - 加減乗除

        

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

  関連記事

scilab掛け算
割り算の計算

割り算の計算をする場合には、( / )スラッシュ記号を用います。 例えば  8 …

足算
足し算の計算について

足し算の計算について scilabを立ち上げて足し算の計算をしてみることにします …

scilab引き算
引き算の計算

scilabで引き算を計算する場合には、(ー)マイナス記号を用います。 例えば …

scilab足算
文字を用いた足し算|

文字を用いた足し算| 変数を用いて、足し算の計算をすることにします。 例として  …

scilab掛け算
掛け算

同じ数を数回かける場合、次のようにします。 例えば  5を2回かける場合   5 …

scilab掛け算
掛け算の計算

掛け算の場合には、( * )アスタリスクを用います 例えば  8 * 5 と入力 …

scilab アイコン
scilabを使用について

scilabという数値解析用のフリーソフトを使用してみることにしました。 C言語 …